あまり考えずにで払ってしまったりするようです

通常、クレカの上限金額が使用者が日々使うより多く決めいていると所有者は余裕があると思い誤って、あまり考えずにで払ってしまったりするようです。

このようなクレジットカード乱用を軽減するようにするためクレジットカードの上限額を低めに設定しておこう・・・という意見がこの本文の主旨です。

限度額の引き下げ方◎契約カードの月の利用限度額を減らすことはカードの限度額を増やすやり方といっしょで、本当に便利です。

手元のカードの裏面に案内のある電話番号に電話をかけて、「利用限度額の引き下げをしていただけませんか」というふうにセンターの人に伝えるだけ。

おおむね現在の月の限度額に対して少ない上限であれば面倒な手続きもなく容易に変更が完了します。

カードの限度額を減らすのはお金を守ることに結びついている…クレジットカードの月の限度額の抑制は、自制という良いことは言うまでもなく防犯にも関係してきます。

仮に、使っているクレカが盗られて乱用されたとしても、普段からクレカの月ごとの限度額を少なめに設定していたなら被害を可能な限り減らすことができるためです。

ここで言っておきたいのはもしクレカが知らない間に使用されたことがあった場合でもクレカの使用者に詐欺に加担するようなことがない限り、盗難保険として知られる保険が加入者を助けてくれるから心配はないんですが、もし被害に遭った時のために、月ごとの限度額は少なくしておくのも手です。

使い切らない金額は良いとは言えないことでしかないのです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubdemarketing.info All Rights Reserved.