アレルギーが爆発的に増えた背景

昔に比べると、アレルギーで悩む患者数というのは爆発的に増えているそうです。

そのことから、食生活の変化のせいだとか、環境汚染によるものだとか、色々な話を聞くことがありますよね。

昭和生まれの子と、平成になってから生まれた子ではアレルギーの発症率は全く違うようで、やはり昭和と平成では食事も環境も随分変わってきたのでそれらが原因と考えるのは自然だと思います。

ですが驚いたことに、同じ平成であってもさらに2倍以上にアレルギー発症する子供の数が増えているんです。

たとえば平成11年と、平成21年という、平成になってからの10年で、子供の食物アレルギー発症率が二倍以上に増えているんです。

ですが、その10年の間に食生活が大きく変わったような感じはしませんから不思議な気がしますよね。

ですが、欧米食ばかり食べていた大人から生まれた子供から生まれた子供というのが平成21年頃には増えているそうで、そう考えると確かに欧米食が原因だとしたら、食物アレルギーがそこまで増えるのも当然かもしれません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubdemarketing.info All Rights Reserved.