例をあげるなら

交通事故は自分だけで起こした自損事故と別の人に迷惑をかけた自動車での事故が存在します。

あなただけの事故のケースでは事故の対応をしたら終了となりますが、他者に迷惑をかけた自動車の事故は各々にどの程度手落ちが存在するのかを確認してその状況によって修復費や和解金の額かいくらのかなどが決定されますので、自動車保険会社の専門家にも参加してもらい相談が必要です。

多くの車での事故の際それぞれに損失がある時が大多数でどちらかだけの手落ちを言及する場合はほとんどありません。

言うまでも無く赤信号で進んでしまった、一時停止でもそのまま進んだなどの交通違反によって起きた事故はかなりの間違いになりますが、被害者にも責任があったと判断されます。

自動車の事故の場面ではどの人の過失で起きたのかという結論がとても重要なポイントになってきますのでその判断を数値で表した基準が過失割合となります。

例をあげるなら、先ほどの信号を無視してしまったり一時停止で止まらなかったケースであるならば、交通法のルール上事故を起こした人に10割手落ちがあるように思いますが、その状況でその自動車が被害者の前方から来ており目で確認された場面だとすると自動車事故の被害者でも注意不足であったとして10%ほどの落ち度が認められる可能性もあります。

よってこの条件では事故を起こした相手が9割、自分1割の過失の割合となって責任が大きな側に過失が問われたりします。

そして事故の割合判例をものさしとして結論付けられるケースが多く、日弁連の交通事故相談センターから公表されている過失割合認定基準表が目安として用いています。

この過失割合の、割り当てが大きいほど責任、言い換えると損害賠償額も大きくなりますから、交渉は当事者だけでなく自動車保険の係りの人を加えて慌てずに交渉することが必要です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubdemarketing.info All Rights Reserved.